宇宙そらを駆けるよだか重岡くんと神山く

宇宙そらを駆けるよだか重岡くんと神山くんでドラマ化ヒロインの女の子は清原果耶ちゃん前回の999に出てた女の子ジャニストはW主演のドラマ多いねこのドラマは配信だそうです

女子スーパー大回転特別検察官、タイムボ

女子スーパー大回転特別検察官、タイムボカン13人を起訴君が代介入で

本日の雑記

 朝から、鼻水が止まらない。

 

 元々花粉症という言葉が世に知られるようになる前から花粉症だったのだけれど、20年近く前に、謎の注射をされてから、症状が劇的に改善されたものの、それでもシーズンになると数回程度は、花粉症の症状が現れる。

 

 どうやら、今日は、その日らしい。とにかく、鼻水が止まらないので、久しぶりに、鼻にティッシュを詰め込んで過ごしている次第(__;)

 ところで、横浜港を散歩している時に、写真のようなプレートを付けた車両を発見した。

 昭和希少車って何だ(^^;)

 どっかで、クラッシクカーのイベントでもやってるのかと思ったけど、詳細は不明。

 

広告を非表示にする

米フロリダの高校でまたも銃乱射 事件の背後にある「悪魔」の存在

■「常識的な銃規制導入を」 米銃乱射で地元教育長が演説

(朝日新聞デジタル - 02月16日 17:21)

スマホ自転車で死者書類送検-Yニュース

スマホ自転車で死者書類送検-Yニュースだから言わんこっちゃない

テレビ東京のワールドサテライト

テレビ東京のワールドサテライト

大槻久志著金融化の災いという書籍を紹介する。

この日本の経済危機を救う方法を探究したくて、平成21年3月に高橋洋一著のこの金融政策が日本経済を救うと大槻久志著の金融化の災いという二冊の書籍を購入しました。そして、大槻久志著の金融化の災いを読破いたしました。二つの書籍共、とても分かりやすく、内容も優れている名著なのですが、ひとつだけ私には同調できない部分がありました。それは、両書共、やたら政策批判、個人批判の記述が多いことです。私は無益な争いを好みません。故に、私が両書籍を読破したからと言って両先生が批判されていることと私の意見が必ずしも同じではないということを申し上げます。政策批判、個人批判の部分が多いだけに誤解される前に申し上げた方が懸命だと思いました。ご理解下さいますようお願いいたします。私は純粋に日本の経済危機を救う方法を勉強したかっただけであり、その意味では、この両書はものすごく有意義な書籍でした。

今回、読破した大槻久志著の金融化の災いという書籍には特別な目新しいことが書いているわけではありませんでした。昨今、経済ニュースで語り尽くされていることがほとんどで、どちらかというと今回の金融不安不況がなぜ起きたかということの復習に役立つ書籍でした。物交換経済から貨幣経済へ67頁参照。金貨から紙幣への変化74頁参照。貨幣とは物理的な側面よりも価値的な側面が重要であるということです。その紙幣発行に世界で初めて成功したのは私が大好きなイギリスでした。成功した原因は、イングランド銀行券は銀行に持ち込めばいつでも金貨と換えてくれることになっていた兌換のと、銀行がビジネスとして成功すると信じられていたからです80頁参照。イングランド銀行券の成功で銀行が貨幣を供給する時代が始まりました。銀行券発行以前はいくら高利貸しが威張っていても金蔵がからっぽになればおしまいでした。高利貸しは貨幣を造り出すことはできません。イングランド銀行は資本金として集めた金貨120万ポンドは右から左に政府に貸し、営業を始めて客がお金を借りに来たら最大限120万ポンドまでイングランド銀行券という自家製の貨幣で\xC2

濾佞韻❹任④泙后J擦擦董■横苅伊詝櫂鵐匹鯊澆擦襪錣韻任后6箙垠瑤呂い弔任盒皺澆伴茲蠡悗┐襪箸いμ鸞ǂ任垢❶△修譴詫其發箸靴峠犬泙辰討唎覿皺澆粘屬帽腓錣擦泙后A管瑤龍箙垠瑤ⅶε類靴討④燭蘚歖海Ć蠑紊欧如△修譴ⅱ睹軸攻睨椣明¤慮続Δ箸いΔ海箸覆里任垢❶△修鵑覆海箸歪名錣任呂△蠅泙擦\xF383頁参照。銀行券発行の成功によって銀行はお金の量を増やすという最高の魔力を手に入れました。

銀行の役割は短期金融で、それは資本の循環運動の最終段階、生産が終わって流通の段階、価値が実現されるかどうかという場面で、資本の循環運動、価値増殖運動を助けるというところで発揮されます。舞台装置は預金口座の出し入れ、ツケ替え、ペイメントシステムといった貨幣取扱の仕組みです。それに乗って信用創造という貨幣をヒネリ出す魔法を使いながら銀行は役割を果たします。ところが時代が変わるとこれでは間に合わなくなりました。スティーブンソンが汽車を発明してから世の中が変わりました。19世紀はヨーロッパもアメリカも熱狂的な鉄道建設の世紀になりました。たくさんの鉄が必要になったのです。鉄を作るには鉄鉱石と石炭を掘らなくてはなりません。鉱山というのは実に大変な仕掛けがいるもので電気機械工業が発達しました。こういうわけで19世紀後半は鉱山業と重化学工業が大発展を遂げました。鉱山と製鉄所を筆頭に、それまでとは桁違いに巨額のお金が必要になりました。そんな大変な金額のお金をどうやって調達するのかが大問題になります。投下したお金の回収に大変長期間かかるとなると、資本の循環運動の最終段階に関係している銀行には対処しき\xA4

譴覆唎覆蠅泙后D拘跑濬个靴鬚垢譴于診唎睚屬辰突茲泙擦鵝C惨詎房擇蠅突其發里海函⊊拘詎紡澆擦弌⇒其發ⅰ泙砲燭唎気鶲絜Ⅸ个気譴觧類砲亙屬擦覆唎覆蠅泙后D拘跑价惨詎箸いΥ譩屬離潺好泪奪船螢好唎箸ʔ∧ГΔ˝發❹覆いǂ發靴譴覆い箸いΠ嫐◀任領僲粟⑤螢好唎噺討个譴討い泙\xB9132頁参照。

このリスクの問題を解決するために考え出されたのが証券です。株式という償還期限のない証券、つまり返さなくてもよいという資金集めの手段と、社債という長期の証券の発行は19世紀以来の産業構造の重化学工業化、巨大な装置産業化、そして資金需要の長期化、巨額化にぴったりの金融でした。大資本集め時代に合致し、株式会社と証券市場は大発展を遂げたのです142頁参照。しかし、20世紀後半になると産業構造が変わりました。コンピューターと通信機器、モノ以外ではコンピューターソフト産業とインタネットサービス産業が新しく伸びてきました159頁参照。ハイテク、情報通信機器はそれほど大きな産業ではありません。モノとしては大きくありません160頁参照。ある時期には大量の長期資金が必要になりますが、重層的な産業構造が一応完成する時期になると、お金は一転してあまり必要とされなくなります。逆にお金が余って困るという経済になります163頁参照。大槻久志氏曰く、この金が余った状態がマネーゲームを引き起こしたと述べています。規制の緩い私募を利用したファンドの暴走176頁参照、企業を食い物にするハゲタカファンド

総会屋紛いのグリーンメイラーなどが出現したこと192頁参照。さらに銀行も動産担保の貸出しや従来、貸し出していないかった者に貸出し、無理な貸出しを行ったと記載しています206頁参照。そして、大槻久志氏は、極めつけとしてリスクを誤魔化した証券化に触れ批判しています。証券化の例として、不動産投資信託、住宅ローンを証券化した証券、再証券化商品、仕組み投資信託を挙げています217頁参照。中でもサブプライムという、借りても元金どころか利子を支払うだけの所得のない人達に盛大に貸し、金融工学を駆使した証券化により、リスクを誤魔化して海外まで売りさばいたことは特筆すべきことでしょう212頁参照。こういった経緯が現在の金融不安不況に繋がっていると述べています。私も不況とは不信から起きるものだと感じました。経済システムは信用や信頼から成り立っているのですから、根本である信用や信頼が失われれば、経済が回らなくなるのは必然の論理です。私は、この金融化の災いという書籍に記載されている全てに同意しているわけではありません。経済の中で金融は非常に重要な役割を担っていると考えています。しかし、私もこの金\xCD

参修虜劼い箸い♡饑劼傍Ⅵ椶気譴討い襪茲Δ縫皀虜遒蠅ⅲ从僂隆霄瓦\xC05頁参照ということには同意見です。平成21年4月19日のスペシャルマネー資本主義という番組内で、元ソロモンブラザーズ副会長のカウフマン氏がリバレッジの過剰な拡大に警告を促したことと、金融は経済の補佐役であることを忘れるべきではないというカウフマン氏自身の持論を紹介していました。私も金融は経済を下支えする補佐役として重要な役割を担っていると思っていましたので、カウフマン氏の持論には共感できました。この金融化の災いという書籍の内容でもうひとつ同意見だったのは、私の大好きなイギリスの偉大なる経済学者のケインズ主義の復活を提言していたことです250頁参照。最後に、大槻久志氏は今後の日本の進むべき道として、を模範としたアジア共同市場共同体を奨励していました254頁参照。

さめやすい

思えば

昔からだったのかもしれない

彼氏がいても

めっちゃ好き!

ではなかった。

信用はしてなかったのかも。

結婚も

子供がほしいからしたのかな?

子供産んだらいっきに冷めた。

旦那いらんくね?

ってどこかで思っていたのかもしれない

最低だけど

これが本当の私。

広告を非表示にする